top of page
井上顔写真.jpg

井上 梓 (Azusa Inoue), Ph.D.

 

2022- 理化学研究所生命医科学研究センター チームリーダー

2019- 東京都立大学 客員准教授

2018-22 理化学研究所生命医科学研究センター YCI/上級研究員

2012-18 ハーバードメディカルスクール/ボストン小児病院 
学振海外特別研究員 → リサーチスペシャリスト

2011-12 ノースカロライナ大学チャペルヒル校 ポスドク研究員

2006-11 Ph.D. 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻

2006 東京都立大学 理学部生物学科 卒業

Like:子供、サイエンス、受精卵

 

インタビュー取材記事

2023   Development誌

2023   NewsPicks

2022   Top Researchers

2020   理研NEWS

Kozukaのコピー.jpg

小塚智沙代 (Chisayo Kozuka), Ph.D.

 

2023-     研究員、理化学研究所 生命医科学研究センター

2020-23 基礎科学特別研究員、理化学研究所 生命医科学研究センター

2018-20 研究員、理化学研究所 生命医科学研究センター

2016-18 ハーバードメディカルスクール ジョスリン糖尿病センター 特別研究員

2013-16 琉球大学大学院医学研究科 特命講師/日本学術振興会PD

2013 Ph.D. 琉球大学大学院医学研究科

2008 京都大学 医学部保健学科

 

代表論文

Kozuka, et al., (2022) Bromodomain inhibition reveals FGF15/19 as a target of epigenetic regulation and metabolic control. Diabetes, Jan 31;db210574.

 doi: 10.2337/db21-0574

Kozuka, et al., (2017) Impact of brown rice-specific γ-oryzanol on epigenetic modulation of dopamine D2 receptors in brain striatum in high-fat-diet-induced obesity in mice. Diabetologia, 60:1502

Like:  甘いもの、コントラバス、コーヒー

Hailiang 写真のコピー.jpg

梅 海亮 (Hailiang Mei), Ph.D.

 

2023-     研究員、理化学研究所 生命医科学研究センター

2020-23 特別研究員、理化学研究所 生命医科学研究センター

2017-19 Postdoc at Institute of Genetics and Developmental Biology, Chinese Academy of Sciences (CAS), China
2017 Ph.D at the Beijing Institute of Genomics, CAS, China
2010 Bachelor at Huazhong agricultural University, Wuhan, China

代表論文

Mei, et al., (2021) H2AK119ub1 guides maternal inheritance and zygotic deposition of H3K27me3 in mouse embryos. Nat Genet 53, 539-550.

Qiu Q*, Mei H*, Deng X*, et al., (2019) DNA Methylation Repels Targeting of Arabidopsis REF6. Nat Commun 10:2063

Like: Reading, Chinese Food, Jogging

前村さん写真.jpg

前村 万里野 (Marino Maemura), Ph.D.

2023.4- 学振特別研究員RPD、理化学研究所 生命医科学研究センター

代表論文

Maemura M, et al., (2021) Totipotency of mouse zygotes extends to single blastomeres of embryos at the four-cell stage. Sci Rep 11:11167.

Maemura M, et al., (2006) Inhibitory effect of c-Met mutants on the formation of branching tubules by a porcine aortic endothelial cell line. Cancer Sci. 97, 1343-50.

Like: 本、音楽、旅

IMG_4824.JPG

福嶋 悠人 (Hiroto S. Fukushima), Ph.D.

2024- 学振特別研究員PD

2023- 特別研究員、理化学研究所 生命医科学研究センター

2021-23 東京大学 大学院理学研究科 ポスドク研究員

2016-21 Ph.D. 東京大学 大学院理学研究科

2016 東京大学 理学部 卒業

代表論文

Fukushima H, et al., (2023) Incomplete erasure of histone marks during epigenetic reprogramming in medaka early development. Genome Res 33:572-586.

Fukushima H, et al., (2019) Targeted in vivo epigenome editing of H3K27me3. Epigenetics Chromatin. 12:17.

Like: さかな、サカナクショ

DSC_0068_edited.jpg

松若正篤 (Masahiro Matsuwaka), 大学院生

2021.4- 研修生、東京都立大学/理化学研究所 生命医科学研究センター

2021.3. 東京農業大学 生命科学部バイオサイエンス学科 卒業

 

Like:  バスケ、アニメ、音楽

IMG_5981.jpg

関岡祐杜 (Yuto Sekioka), 大学院生

2024.4- 研修生、東京都立大学/理化学研究所 生命医科学研究センター

2024.3. 広島大学 生物生産学部 卒業

 

Like:  トロンボーン、温泉、ドライブ

公文写真.jpg

公文麻美 (Mami Kumon), テクニカルスタッフ 

 

2022-      疾患エピゲノム遺伝研究チーム

2019-22  代謝エピジェネティクスYCIラボ

-2019      免疫器官形成研究チーム

bottom of page