井上 梓, Ph.D.

2019.4- 首都大学東京/東京都立大学 客員准教授

2018.3- 理化学研究所 YCI/上級研究員

2012.9-2018.2 ハーバードメディカルスクール/ボストン小児病院 ポスドク研究員→リサーチスペシャリスト
2011.4-2012.8 ノースカロライナ大学チャペルヒル校 ポスドク研究員

2006.4-2011.3 PhD 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻

2006.3 東京都立大学 理学部生物学科

好物:子供、サイエンス、受精卵、顕微操作

小塚智沙代, Ph.D.

2018.10- 研究員、理化学研究所 生命医科学研究センター

2016-18 ハーバードメディカルスクール ジョスリン糖尿病センター 特別研究員

2013-16 琉球大学大学院医学研究科 特命講師/日本学術振興会PD

2013 Ph.D. 琉球大学大学院医学研究科

2008 京都大学 医学部保健学科

 

代表論文

Kozuka C, Kaname T, Shimizu-Okabe C, Takayama C, Tsutsui M, Matsushita M, Abe K, Masuzaki H. Impact of brown rice-specific γ-oryzanol on epigenetic modulation of dopamine D2 receptors in brain striatum in high-fat-diet-induced obesity in mice. Diabetologia 2017; 60:1502

Kozuka C, Yabiku K, Sunagawa S, Ueda R, Taira S, Ohshiro H, Ikema T, Yamakawa K, Higa M, Tanaka H, Takayama C, Matsushita M, Oyadomari S, Shimabukuro M, Masuzaki H. Brown riceeduces the preference for high-fat diet by inhibiting of hypothalamic endoplasmic reticulum stress in mice. Diabetes 2012; 61:3084

好物:  甘いもの、コントラバス、ブラックコーヒー

梅 海亮 (Hailiang Mei), Ph.D.

2020.1- 特別研究員、理化学研究所 生命医科学研究センター

2017-2019 Postdoc at Institute of Genetics and Developmental Biology, Chinese Academy of Sciences (CAS), China
2017 Ph.D at the Beijing Institute of Genomics, CAS, China
2010 Bachelor at Huazhong agricultural University, Wuhan, China

 

Like: Reading, Chinese Food, jogging

林凌也, 大学院生(修士)

2019.4- 研修生、首都大学東京/理化学研究所 生命医科学研究センター

2018 首都大学東京 都市教養学部生命科学コース

 

代表論文

Hayashi R, Takeo S, Aigaki T. Sir2 is essential for intergenerational effects of parental diet on offspring metabolism in Drosophila. Biorxiv
doi: https://doi.org/10.1101/641076

好物:  古代魚、将棋、ハンバーグ

公文麻美, テクニカルスタッフ 

2019.10-  代謝エピジェネティクスYCIラボ

COPYRIGHT@METABOLIC EPIGENETICS YCI LAB -ALL RIGHTS RESERVED-